老後に必要なお金はどのくらい?老後資金や投資の必要性についてわかりやすく解説

※当ページの一部リンクにはアフィリエイトが含まれています

老後資金 ライフ

老後の生活を安心して過ごすためには、十分な準備が必要です。しかし、「老後資金はいくらあれば安心なのか?」という不安に思う方は少なくありません。老後の資金準備は「早ければ早いほどいい」とされていますが、具体的にどのように準備を進めればいいのか、また、どれくらいの金額を目安にすればいいのかは、生活レベルや住んでいる地域によって異なるため自分で決められないという人も多いはず。今回は、老後に安心して生活できるための資金の目安と、それを効果的に準備する方法を、わかりやすく解説していきます。老後を迎える前に、しっかりと計画を立て、必要な資金を確保するための第一歩を踏み出しましょう!

この記事を書いた人
コアラ先生

Youtuebチャンネル「コアラ先生の時事ネタ祭り」で、ニュースや社会問題から投資情報の解説動画を配信。登録者は25万人超。個人投資家の一面もあり、自分で体験して得た知識を視聴者にも共有したいという想いから投資情報サイト「コアラボ」を設立。日々投資情報の研究に勤しんでいる。

コアラ先生をフォローする

老後資金はどうして必要?

平均寿命=男性81.47歳, 女性87.57
定年退職=60
→30年近く生活ができるだけの準備が必要

日本は世界でも有数の長寿国です。厚生労働省のデータによると、日本人の平均寿命は男性が81.47歳、女性が87.57歳と、世界的に見ても非常に高い水準にあります。一方で70%以上の会社が定年退職の年齢を60歳と設定しています。この20年以上のギャップを安心して過ごすために、計画的に十分な老後資金を準備する必要があるのです。

老後資金の重要性

老後資金の準備は、ただ長生きするためだけではありません。健康で活動的なシニアライフを送るためにも、必要な資金を確保しておくことが重要です。例えば、レクリエーション活動や趣味、旅行など、自己実現のための出費も考慮に入れる必要があります。また、医療費の増加も見越しておくべきでしょう。高齢期には予期しない健康問題が発生することもあり、そのための備えが必要です。

具体的な資金の必要量

金融庁の報告によると、高齢夫婦無職世帯では毎月約55,000円の赤字が発生しており、これを補うためには追加の資金が必要になります。年間66万円の赤字を約30年間分まかなう必要があるため、「老後は2000万円の資産が必要」としているのです。

公的年金を基礎としながらも、それを補う形で個人的な貯蓄や投資を行うことが推奨されます。老後資金の準備には、早期からの計画が重要です。

【PR】タウンライフ
土地活用の最初の一歩として、さまざまな会社から提案を一括で受けられるタウンライフ土地活用がおすすめ。あなたに合った土地活用プランから見積もり、周辺エリアの調査までを無料で実施。優良企業複数社の中で比較もできるので安心です。
たったの3分で申請できるので、土地活用が気になる方はこちらからお申込みください!

老後資金の計算方法

老後に必要な資金を計算する際には、個人の生活スタイルや希望する生活水準を考慮することが重要です。一般的に、老後資金の計算にはいくつかの要素が含まれますが、ここでは特に日本の状況に焦点を当て、夫婦二人の世帯と独身者の世帯の二つのケースを取り上げて解説します。

夫婦二人の場合の計算

家計調査年報によると、夫婦二人での老後生活には、一般的に毎月約23万円が必要とされています。この金額は、夫婦の公的年金平均受給額(約21万6千円)を少し上回るため、毎月一万円以上の赤字が予想されます。その上で、医療費や健康維持、介護、家のリフォーム、設備投資といった出費が考えられるため、より支出が膨らんでいくと考えておいていいでしょう。

独身 / 一人暮らしの場合の計算

独身で老後を迎える場合、毎月の必要支出は約14万円と見積もられています。この場合も、公的年金の平均受給額(約12万4千円)では足りず、毎月約1万円の赤字が発生することが予想されます。長寿を考慮して25年から30年の間に必要となる資金は、約4,200万円から5,040万円に上ります。

資金計算のための考慮事項

上記の計算はあくまで平均的な数字を考慮したもので、決してゆとりのある生活ができる金額というわけではありません。老後に海外旅行や趣味、家族にお金を使いたいという人はさらに資産を準備しておくか、定年退職後も収入を得る必要があります。そのため、老後資金の計算に当たっては、以下のポイントを考慮することが推奨されます。

1.インフレ率
物価の上昇を考慮に入れて、実際の必要額を見積もる。
2.健康状態
高齢期の医療費や介護費用など、予期せぬ出費を計画に含める。
3.余暇活動
趣味や旅行など、生活の質を保つための余暇活動にかかる費用。

中井パンダ
中井パンダ

予想外の出費はどうしても出てきてしまうもの。その上で、インフレによって物価が上がり、想定していた支出額よりも大きくなってしまう可能性は高いです。

ウォン
ウォン

だからこそ2000万円貯めておけばいい、という考え方ではなく、いろいろな資産や収入源を確保しておくことが大切です。備えを万端にして、楽しい老後生活を送りましょう!

資産が貯金だけの人は将来損をする可能性が高いです! 損をするリスクを減らすためにも、証券口座を開設して分散投資を行い、NISAを始めて将来に備えましょう。
証券口座は、人気No.1で取り扱いファンドも多いSBI証券が圧倒的におすすめです。
SBI証券の口座開設はこちらをクリック

資金準備の方法

老後の資金を計画的に準備することは、安心して豊かな老後を送るための重要なステップです。ここでは、老後資金を増やすための具体的な方法をいくつか紹介します。

老後資金を増やすためにやっておくべきこと

不動産投資/土地活用

安定した収入を得るには不動産投資や土地活用が有効です。不動産市場は長期的に安定しており、リスクが比較的低いです。また、株や現金を資産のメインとして持っている場合、それらが下がった際のリスクヘッジになります。

【PR】タウンライフ
土地活用の最初の一歩として、さまざまな会社から提案を一括で受けられるタウンライフ土地活用がおすすめ。あなたに合った土地活用プランから見積もり、周辺エリアの調査までを無料で実施。優良企業複数社の中で比較もできるので安心です。
たったの3分で申請できるので、土地活用が気になる方はこちらからお申込みください!

保険の活用

終身保険や個人年金保険など、将来的に安定した収入を得るための保険商品があります。これらは、万が一の際に保険金が受け取れるだけでなく、一定期間後には解約返戻金を受け取ることが可能です。

投資信託

複数の投資家から集めた資金をプロの運用会社が株式や債券などに投資する商品です。リスク分散ができるため、個人での資産運用に適しています。少額から始めることが可能で、長期的な資産形成に貢献します。

つみたてNISA

少額から始められる非課税の投資制度です。年間最大360万円までの投資が非課税となり、中長期的な資産形成を目指すことができます。利益が非課税であるため、コツコツと資産を増やすことが期待できます。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

自分で掛金を選んで投資することができ、将来受け取る際に税制優遇を受けることができます。運用益も非課税で、老後の収入源として計画的に利用することができます。

NISAや投資信託でオルカンやS&P500の投資をするなら人気No.1のSBI証券がおすすめ!
手数料が他社より安くアプリが圧倒的に使いやすい、投資信託のファンドの取扱数も業界最多。
SBI証券でNISAやiDeco、株式投資を始めたい方はこちらから

中井パンダ
中井パンダ

まずNISAの活用は絶対にしておきたいですね。特に日本円の貯金しかしていないという人は要注意です。ぜひSBI証券でNISA口座を開設し、オルカンやS&P500といったインデックスファンドに分散投資をしておきましょう!

ウォン
ウォン

余力のある人は不動産投資や土地活用も検討しておくことをおすすめします。株も現金も価値が下がる可能性はあります。そのため、不動産や金といった別の資産に分散しておくことで、あらゆる事態に備えることができます!

資金準備の開始時期と計画性

老後資金の準備は、早期に始めるほど効果的です。現役時代から積極的に取り組むことで、長期的な視点から資産を増やし、老後の不安を減らすことができます。また、定期的に計画を見直し、ライフステージに合わせて調整することが重要です。

まとめ:老後資金の準備を始める今日から

老後の資金準備は、単に金額を貯めるだけではなく、将来への安心を手に入れるための重要なプロセスです。この記事を通じて、老後資金の必要性、計算方法、そして資金形成の具体的な手段をご紹介しました。ここからは、その知識を活かして具体的な行動に移しましょう。

  1. 現状の評価
    • まずは自身の現在の財務状況を詳細に把握しましょう。支出と収入を洗い出し、どの程度の資金が将来必要になるか見積もります。
  2. 具体的な目標設定
    • 老後の生活費用として必要な総額を具体的な目標として設定します。目標を達成するための年間の貯蓄額や投資額を計画に入れます。
  3. 資産形成戦略の策定
    • 土地活用、不動産投資、投資信託、つみたてNISA、iDeCoなど、さまざまな資金形成手段を利用して資産を増やす戦略を立てます。リスクとリターンを考慮した上で、最適な選択を目指します。
  4. 定期的な見直しと調整
    • 経済状況や個人のライフステージの変化に応じて、計画を定期的に見直し、必要に応じて調整します。これにより、計画の持続可能性を保ちます。

    老後資金の準備を今から始めることで、将来的な不安から解放され、充実した老後を迎える準備が整います。このプロセスは簡単ではありませんが、早期に計画を立て、一歩一歩実行に移すことで、目標に到達することが可能です。老後の安心は、今日の小さな一歩から始まります。

    タイトルとURLをコピーしました