複利をアインシュタインが「人類史上最大の発明」と評した理由とは? 驚異的な複利の力

※当ページの一部リンクにはアフィリエイトが含まれています

アインシュタイン 投資の基礎知識

アルバート・アインシュタイン。今さら言うまでもありませんが、20世紀初頭に活躍した著名な物理学者であり、彼の名は今日でも広く知られています。最も有名な業績は相対性理論で、これは現代物理学の基礎にもなっています。しかし、アインシュタインは科学のみならず、哲学や社会問題に対しても深い洞察を持っていました。特に、経済や投資の分野における「複利」という概念に対して、彼は大きな興味を示していたとされています。

そしてアインシュタインは、「複利」を「人類史上最大の発明」と評したと言われているのです。それはいったいどういうことなのでしょうか?今回は、アインシュタインが複利についてどのように考え、なぜそれを「人類史上最大の発明」と評したのかを探ります。

中井パンダ
中井パンダ

あのアインシュタインが人類史上最大の発明を複利って言った?ほんとに…?

ウォン
ウォン

真意はともかく、それだけ複利の効果が大きいってことだね!この記事ではなぜ複利がすごいかについても紹介しているので、ぜひ読んでみてください!

この記事を書いた人
コアラ先生

Youtuebチャンネル「コアラ先生の時事ネタ祭り」で、ニュースや社会問題から投資情報の解説動画を配信。登録者は25万人超。個人投資家の一面もあり、自分で体験して得た知識を視聴者にも共有したいという想いから投資情報サイト「コアラボ」を設立。日々投資情報の研究に勤しんでいる。

コアラ先生をフォローする

アインシュタインが複利を最大の発明と言った理由

複利とは、元本に加えて得られた利息も再投資していくことで、資産が指数関数的に増加する投資の原理です。この原理は、小さな額からでも時間をかけて大きな資産を築くことができるという点で、特に重要です。アインシュタインは、物理学者としての深い数学的理解から、この複利の原理が持つ潜在的な力に着目しました。彼は、単にお金を貯めるのではなく、時間を味方につけることの重要性を理解していたのです。

アインシュタインの名前が複利の概念と結びつけられることは、彼の科学的な業績とは異なりますが、彼が持っていた知識への深い洞察力と、世界を理解しようとする好奇心を象徴しています。このセクションでは、複利がどのようにして「最大の発明」と見なされるようになったのか、その理由を深掘りしていきます。

複利の力の例示

複利の原理は、投資において非常に強力なツールです。簡単に言うと、複利とは、投資から得られる利息や収益が再投資され、元本に加わることによって、次の期間の利息がさらに増加することを指します。このプロセスが繰り返されることによって、投資額は指数関数的に増加していきます。

例えば、年利5%の投資に10万円を投じた場合、単利(元本のみに利息がつく場合)では10年後に約12.5万円になりますが、複利の場合は約16.3万円にまで成長します。この差は、時間が経つにつれてより顕著になります。20年後には、単利では15万円程度ですが、複利では約26.5万円にもなります。このように、複利は時間が経つにつれてその効果を増幅させていきます。

この効果は、長期的な視点での投資、特に若い時からの投資において顕著です。早い段階で投資を始め、長期間資金を運用することにより、複利の効果は極めて大きなものとなります。アインシュタインが複利の力を高く評価したのは、このような投資が時間とともにいかに大きなリターンを生み出すかを理解していたからです。

複利を活かした投資を始めたい人は、まずはSBI証券で口座開設。
人気No.1で取り扱いファンドも多く、手数料も他社より安いSBI証券が圧倒的におすすめです。
SBI証券の口座開設はこちらをクリック

結論: 複利の重要性とアインシュタインの見解

この記事を通じて、複利がなぜ「人類史上最大の発明」と言われるほどの力を持っているのかを見てきました。アインシュタインがこの言葉を実際に使ったかどうかは不明ですが、複利の原理はたしかに強力であり、投資を考える上で複利を最大限活用することは不可欠です。

投資初心者にとって、複利は非常に有効な戦略です。最初は小さな額からでも、長期的に投資を続けることで、その資産は指数関数的に増加します。この点において、アインシュタインの見解は今日の投資家にとっても非常に貴重な教訓となります。

中井パンダ
中井パンダ

とにかく複利の効果は大きいから、これを投資に活かさない手はないってことだね。

ウォン
ウォン

再分配型の投資信託、特にNISAのつみたて投資枠を最大限活用しましょう!

タイトルとURLをコピーしました