S&P500とは? 積み立てるべき? 話題のS&P500の定義やおすすめの買い方をわかりやすく解説

※当ページの一部リンクにはアフィリエイトが含まれています

S&P500とは NISA

S&P500とは何かご存じでしょうか? 新NISAが始まり投資ブームが来ている日本ですが、「S&P500」というキーワードをよく聞くけど、実際はどういったものかわからないという人も多いかと思います。S&P500は、これからNISAや投資信託、ETFといった投資を始めるうえで非常に重要な用語で、必ず理解しておく必要があります。そこで、今回はS&P500について、初心者の方に向けて簡単かつわかりやすく解説してみました!これから投資を始めるという人は、ぜひ読んでみてください!

中井パンダ
中井パンダ

S&P500はオルカンと並ぶ超頻出投資用語。必ず意味を理解して投資に活用していきたいね。

ウォン
ウォン

実際にS&P500関連の投資信託やETFはここ最近成果を出し続けているし、まずNISAのつみたて投資枠はS&P500にって人は多いよね。S&P500の投資に興味がある人は、まずは証券人気No.1のSBIで口座を開設してみよう

この記事を書いた人
コアラ先生

Youtuebチャンネル「コアラ先生の時事ネタ祭り」で、ニュースや社会問題から投資情報の解説動画を配信。登録者は25万人超。個人投資家の一面もあり、自分で体験して得た知識を視聴者にも共有したいという想いから投資情報サイト「コアラボ」を設立。日々投資情報の研究に勤しんでいる。

コアラ先生をフォローする

S&P500とは? 株価指数からS&P500の定義まで徹底解説

そもそも株価指数とは?

そもそも株価指数とは何でしょうか? 株価指数とは、特定の株式市場や市場セグメントの価格動向を示すために、複数の株式から構成される指標のことです。これは、市場全体の健全性や、特定の業界、地域の経済状況を把握するための重要な指標となっています。株価指数には様々な種類があり、それぞれが異なる市場やセグメントを反映しています。

主な株価指数の例

  • ダウ・ジョーンズ工業平均
    アメリカ合衆国の30の代表的な工業企業の株価を基にした指数。市場の動向を広く示す古典的な指標の一つです。
  • NASDAQ総合指数
    アメリカのNASDAQ証券取引所に上場している全ての株式を対象とした指数で、特にテクノロジー関連企業の動向を反映します
  • 日経225
    日本の東京証券取引所に上場している225の代表的な企業の株価平均を示す指数。日本経済の状況を理解するための重要な指標の一つです。

また、世界全体の株価をまとめた指数も存在し、それが「オール・カントリー・ワールド・インデックス」、通称「オルカン」です。

これらの指数は、それぞれが特定の市場の健全性を反映しており、投資家にとっては投資判断のための貴重なデータを提供します。しかし、指数の中でも特に多くの投資家から注目されているのが「S&P500」です。この指数は、アメリカの株式市場全体の動向を示す最も代表的な指標の一つとされています。

S&P500とは?

S&P500とは、アメリカ合衆国の株式市場で取引される、代表的な500社の大手企業を対象とした株価指数です。スタンダード・アンド・プアーズ社(Standard & Poor’s)によって管理されており、アメリカ経済の広範なセクターをカバーしています。この指数は、投資家や経済学者にとってアメリカ経済の健全性を評価する上で重要なベンチマークとなっています。

S&P500種指数に含まれる企業は、テクノロジー、ヘルスケア、金融、消費財など、アメリカ経済の多様なセクターを反映しています。これらの企業は、アメリカの株式市場全体の約80%を占める市場価値を有しており、そのためS&P500種指数はアメリカ経済の広範囲な動向を示す指標として広く認識されています。

また、世界的IT企業として名高いGAFAM(Google, Amazon, Facebook(Meta), Apple, Microsoft)もS&P500を構成する企業であり、S&P500全体の時価総額の約20%を占めています。

なぜS&P500は重要な指標なのか?

S&P500は、たんにアメリカの500社の企業の株価がわかる指標というだけではありません。この指数は、アメリカ経済全体の健全性を反映するものとして、世界中の投資家によって注目されています。S&P500が上昇するとアメリカ経済が好調であると解釈され、逆に下落すると経済に対する懸念が高まることがあります。ご存じの通りアメリカは世界経済をけん引する国であるため、この指数は世界経済にとっても重要な役割を果たしています。

中井パンダ
中井パンダ

実際にS&P500は長期的に見ると上がり続けています。最近ではGAFAMだけでなく、エヌビディアやテスラなども台頭しており、ダントツ世界一の経済国家といえます。

ウォン
ウォン

だからS&P500に投資をすることは、安定して成長していく堅実な投資方法の一つなんだ。なかでもS&P500関連の投資信託に投資をして複利を活かしながら投資をすることで、放置するだけで大きな利益を生み出す可能性が高いよ。

複利を活かした投資を始めたい人は、まずはSBI証券で口座開設。
人気No.1で取り扱いファンドも多く、手数料も他社より安いSBI証券が圧倒的におすすめです。
SBI証券の口座開設はこちらをクリック

S&P500の指数の仕組み

S&P500はアメリカの代表的な500社の大手企業の株価の動きから計算されているということは先の章で説明しましたが、具体的にはどのように計算され、更新されているのでしょうか?

構成要素と選定基準

S&P500に含まれる企業は、アメリカ合衆国の公開市場で取引される中で最も市場価値が大きい500社。これらの企業は、特定の基準に基づいて選定されます。選定基準には、市場価値、流動性、業種の代表性などが含まれます。これにより、S&P500は、アメリカ経済の幅広いセクターを網羅的にカバーすることができます。

指数の計算方法

各企業の株価×発行済み株式数÷基準点の時価総額合計=S&P500

S&P500は、構成銘柄の市場価値に基づいて加重平均されています。つまり、指数内の各企業の株価にその企業の発行済み株式数を掛け合わせた後、その総和を特定の除数で割ることにより算出されます。この方法により、より市場価値の大きい企業が指数に大きな影響を与えることになります。除数は、企業の株式分割や配当などによって指数の連続性が保たれるよう調整されます。

指数の更新頻度

S&P500種指数はリアルタイムで更新され、取引日中に市場の動きを反映します。これにより、投資家は市場の変動に即座に対応することが可能になります。

銘柄の入れ替え

S&P500種指数に含まれる企業は、市場環境や経済の変化に応じて定期的に見直されます。このプロセスは、指数が常にアメリカ経済の現状を正確に反映するようにするために不可欠です。企業が指数から除外される理由には、市場価値の低下、他社による買収、業種の変化などがあります。同様に、新しい企業が指数に加わることもあり、これは通常、その企業が成長し、特定の業種を代表するようになったことを示しています。

銘柄の入れ替えは、S&P500種指数を管理するスタンダード・アンド・プアーズ社によって厳格な基準に基づいて行われます。入れ替えの発表は事前に公表され、市場における透明性を保ちながら行われます。このプロセスを通じて、S&P500種指数は常にアメリカ経済のダイナミズムを反映し、投資家にとって信頼性の高い指標として機能しています。

S&P500種指数の意義

S&P500種指数は、単なる数字以上のものです。この指数は、アメリカ経済の健全性と市場のトレンドを示す重要なバロメーターとして機能しています。ここでは、S&P500種指数がなぜ投資家にとって重要なのか、その意義をさらに深掘りしていきます。

投資家にとっての重要性

  • 市場の健全性の指標
    S&P500種指数は、アメリカの大企業500社のパフォーマンスを追跡することで、広範な市場の動向を示します。このため、指数の動きはアメリカ経済の健全性の良い指標とされています。
  • 投資のベンチマーク
    多くの投資家は、自身のポートフォリオのパフォーマンスをS&P500種指数と比較することで、投資成績を評価します。指数を上回るパフォーマンスを出せれば、その投資戦略は成功していると見なされます。
  • 多様化された投資へのアクセス
    S&P500種指数に投資することは、一度に500社の大企業に投資することを意味し、これによりリスクの分散が可能になります。この多様化は、特定の企業や業種の不振がポートフォリオ全体に与える影響を軽減します。

経済全体のバロメーターとしての役割

S&P500種指数は、アメリカ経済の広範なセクターを反映しているため、経済全体の健全性を示すバロメーターとしての役割を果たしています。指数が上昇することは、一般的に経済の成長を示し、下落することは経済的な不安や不振を示唆します。また、特定のセクターのパフォーマンスを分析することで、経済のどの部分が好調であるか、または問題を抱えているかを投資家が把握することができます。

S&P500にはどうやって投資する?おすすめの投資方法

S&P500の投資方法は?

S&P500種指数への投資は、多くの投資家にとって魅力的な選択肢です。この指数に投資することで、アメリカの大企業500社のパフォーマンスに間接的に参加することができます。S&P500への投資方法には、主に以下の3つがあります。

S&P500種指数に直接投資することはできませんが、指数をトラッキングする多くの金融商品を通じて、実質的に同じ効果を得ることが可能です。

  • ETF
    S&P500 ETFは、指数とほぼ同じパフォーマンスを提供するように設計されています。ETFは株式と同様に取引所で売買されるため、投資家は株式を購入するのと同じ方法でこれらのファンドに投資することができます。
  • インデックスファンド
    S&P500インデックスファンドは、指数に含まれる銘柄をその市場価値比率で保有することを目的としています。これにより、指数と同等のリターンを提供することを目指しています。
  • デリバティブ商品
    オプションや先物契約などのデリバティブ商品を利用して、S&P500種指数の動きに基づいた投資戦略を展開することも可能です。これらの商品は、リスク管理や投資のレバレッジを高めるために使用されることがあります。

投資初心者におすすめの投資方法

投資初心者にとっては、S&P500 ETFまたは投資信託の投資が最もアクセスしやすく、リスク管理がしやすいです。これらの投資方法は、低コストで多様化されたポートフォリオへの投資を可能にし、市場の平均的なリターンを追求することができます。

NISAや投資信託でS&P500の投資をするなら人気No.1のSBI証券がおすすめ!
手数料が他社より安くアプリが圧倒的に使いやすい、投資信託のファンドの取扱数も業界最多。
SBI証券でNISAやiDeco、株式投資を始めたい方はこちらから

どんな推移? S&P500の歴史と将来の展望

S&P500の歴史と推移

S&P500は、1957年にスタンダード・アンド・プアーズ社によって導入されて以来、アメリカ経済と株式市場の変遷を映し出す存在となっています。S&P500の歴史を知ることで、今後のS&P500の価値がどのように変わっていくかの参考にすることができるため、その推移を見ていくことは非常に重要です。

初期の年代

  • 1957年: S&P500種指数が導入され、アメリカ経済の代表的な500社の企業の株価動向を示す指標として機能し始めました。

経済成長と市場の変動

  • 1960年代 – 1980年代: この期間には、経済成長、インフレーション、オイルショックなど、様々な経済的出来事がありました。これらの出来事は、S&P500種指数にも反映され、市場のボラティリティが示されました。

テクノロジーの台頭

  • 1990年代: インターネットとテクノロジー関連企業の急成長が見られました。この時期のテクノロジーバブルは、S&P500種指数に大きな上昇をもたらしました。

金融危機と回復

  • 2000年代: ドットコムバブルの崩壊や2008年の金融危機など、市場に大きな影響を与える出来事が発生しました。これらの危機は、指数に大きな下落をもたらしましたが、その後の回復もまた印象的でした。

最近の動向

  • 2010年代 – 現在: この期間には、経済の持続的な成長、低インフレーション、低金利の環境が続き、S&P500種指数は歴史的な高値を更新し続けました。また、COVID-19パンデミックの影響を受けて2020年には大きな下落がありましたが、その後迅速な回復を見せています。

米国株やクレカ積立による投資信託に興味のある方はマネックス証券がおすすめ!
マネックス証券では分析ツールが充実しているため、市場調査にも活用できます。
マネックス証券でNISAやiDeco、株式投資を始めたい方はこちらから

S&P500の現状と展望

S&P500種指数は、長期にわたりアメリカ経済の成長を映し出してきましたが、市場は常に変動し続けるため、投資家は将来の展望にも目を向ける必要があります。現在の市場環境と将来の見通しを理解することは、賢い投資判断を下す上で不可欠です。

現状

現在、S&P500種指数は、COVID-19パンデミックからの迅速な回復を経験しています。2020年の大幅な下落後、経済の再開、企業業績の改善、中央銀行による金融政策の支援などが指数の回復を後押ししています。しかし、パンデミックの長期的な影響、インフレの懸念、地政学的緊張など、未解決の問題も残っています。

2023年から2024年2月のS&P500種指数の動向

  • 2023年のパフォーマンス: 2023年、S&P500種指数は顕著な成長を遂げ、年間で18.86%の成長を記録しました。2023年の終わりには、指数は4769.83に達しました​​。
  • 2024年1月の動向: 2024年1月のS&P500種指数は、前月比1.59%増の4845.65に達しました。これは一年前の4076.60から見て18.86%の増加です​​。

主要な貢献要因

  • Magnificent 7のパフォーマンス
    2024年1月、いわゆる”Magnificent 7″(主要な7銘柄)が好調。Magnificient 7とは、GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドットコム、マイクロソフト)と呼ばれる主要5社に、エヌビディアとテスラを加えた7銘柄です。特にTeslaを除いた6銘柄が平均1.80%の増加を記録。これらの銘柄は、1月のS&P500種指数のリターンの45%を占めました​​。
  • 企業業績
    ほぼ半数の企業が予想以上の業績を報告し、特別項目を除いた売上は前年比4.6%増の記録的な15.6兆ドルに達しました​​。

今後の見通し

  • 企業業績の継続的な監視: 2024年2月も引き続き、特に小売業の業績報告に注目が集まります。消費者の支出動向や政治的な動向にも関心が高まっています​​。
  • インフレーションと雇用の指標: 日々の市場動向には、インフレーション指標(CPI、PPI、PCE)や雇用関連の指標が背景にあり、これらは市場の動きに影響を及ぼす可能性があります​​。

この情報は、S&P500がこの一年間で堅実な成長を見せ、特にテクノロジー関連企業や強い業績を上げた企業に支えられていることを示しています。

まとめ:S&P500は投資信託かETFで投資すべし

S&P500とは、アメリカ合衆国の株式市場で取引される、代表的な500社の大手企業を対象とした株価指数であり、その安定性と成長性からS&P500関連銘柄は投資家に非常に人気です。その中でも複利効果が期待できる投資信託への投資や、リアルタイム性がより強く自分のタイミングで売買がしやすいETFへの投資のどちらかがおすすめです。

ただし、アメリカの経済が落ち込めばS&P500の価値も下がります。S&P500一辺倒にはならないよう注意しましょう。

中井パンダ
中井パンダ

S&P500関連の投資信託に投資をしておくのは、一番手堅い投資方法の一つでもあります。オルカンと併用するのもいいですね!

ウォン
ウォン

オルカン(全世界株式)は約50か国の国の株式に分散投資できる商品のことです。これらが一番堅実で無難な投資方法といわれているから、ぜひチェックしてみよう!

資産が貯金だけの人は将来損をする可能性が高いです! 損をするリスクを減らすためにも、証券口座を開設して分散投資を行い、NISAを始めて将来に備えましょう。
証券口座は、人気No.1で取り扱いファンドも多いSBI証券が圧倒的におすすめです。
SBI証券の口座開設はこちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました