英語ができない人必見! 外資系企業でも英語が必要ない職種・ポジションは?英語力がなくても乗り切る方法も

※当ページの一部リンクにはアフィリエイトが含まれています

英語が必要ない外資系企業の職種 転職

外資系企業で働くには英語力が必要不可欠という印象を持っている人は多いかもしれませんね。もちろん日本支社であっても外資系企業は国際事業を展開しており、さまざまな国に同僚がいるため、英語力が高いことは有利に働きます。しかし、全ての職種で同じ英語力が要求されるわけではありません外資系企業であっても英語力がさほど必要ない企業やポジションは多々あります。そこで、今回は、外資系企業でも英語力が求められない職業や職種、そして実際にどういった場面で英語が求められるかについて解説します。

中井パンダ
中井パンダ

英語は大切だけど、必須スキルではありません!英語に自信がないという人でも外資系企業で働けるポジションは多々あります。

この記事を書いた人
中井パンダ

外資系企業勤務の都内在住男性。コアラ先生の友人。株、FX、仮想通貨、不動産などさまざまな投資を行う個人投資家でもある。また、自身の経験を生かして転職支援も行う。

中井パンダをフォローする

外資系企業でも英語力が求められない職種は?

外資系企業でも英語をあまり使わない職種

外資系企業でも英語をあまり使わない職種
日本の会社がクライアントの営業
②エンジニア(一般社員)
日本独自で展開している事業の担当

日本の会社がクライアントの営業

外資系企業の中にも、日本法人においては日本国内で事業展開し、クライアントがすべて日本の会社の担当者だというケースが多々あります。例えば日本国内で営業を行っている外資系企業では、当然日本語でクライアントとコミュニケーションを行うため、英語力よりも営業力やこれまでの経験が求められます。

エンジニア(一般社員)

エンジニアのポジションでは、英語力よりも専門知識やスキルが重要視される場合があります。特に、特定の市場や国内に特化した技術開発を行っている場合には、英語力が求められないこともあります。

日本独自で展開している事業の担当

外資系企業では、本社がリードしているプロダクトやサービスを日本にも展開するケースが多いですが、日本独自で展開している事業を持つ会社も多々あります。前者の場合は本社との連携が必要不可欠で、英語力が必須といえます。一方で後者のケースの場合、本社と連携する必要がなく、日本国内だけで進行できることが多いため、英語力よりも経験が求められます。

もちろん上記のケースに該当する場合でも、上司が外国人だったり本社への報告や会議を行う必要があったりと、必ず英語力が求められないわけではありません。また、英語力が求められなかったとしても、出世していけば必ず英語力が必要になるため英語力があることはかなりのアドバンテージです。しかし、まったく英語が話せなくても外資系企業に転職するチャンスはたくさんあります。もし外資系企業の転職に興味があるものの英語力に懸念があり諦めているという人は、ぜひ再度検討してみてください!

転職エージェントの中でもおすすめはtype転職エージェントハイクラス。外資系、大手企業に強いだけでなく、LINEでエージェントとやり取りができ、迅速かつ親身な対応で心強いパートナーを得ることができます。もちろん無料で面談ができるので、キャリアプランや自分の強みに合った求人を確認してみたい人はぜひ申し込んでみてください。
まずは無料面談から! type転職エージェントハイクラスをチェック

外資系企業で英語力が求められない職種でも英語を使うケース

外資系企業で英語を使うケース
研修資料や研修動画が英語
②会社のイントラサイトの情報が英語
社内問い合わせ先が英語

英語をそこまで使わないポジションだとしても、外資系企業だと必ず英語を使わざるを得ない場面があります。そういった場面を事前に想定しておけば、外資系企業に転職する際も安心ですね。英語をあまり使わないポジションでも英語を使うケースをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

研修資料や動画が英語

入社後に研修を受ける際、資料や研修動画が英語というケースはよくあります。資料は最悪時間をかけて読むことはできますが、動画に日本語字幕がない場合、大切な情報も「英語で何を言っているかわからない…」なんて状況もあり得ます。

会社のイントラサイトの情報が英語

社内の情報共有やイントラサイトの情報が英語で書かれているということも。探していた情報を見つけ出したとしても英語で書かれているなんてことはしょっちゅうあるので、英語が読めないと時間がかかってしまいますね。

社内の問い合わせ先が本社の部署の担当

何か問題が発生したとき、イレギュラーな対応方法について聞きたいときなど、日本国内でどうしようもないことがあった際に、問い合わせ先が本社の担当になってしまうことがあります。その場合、英語でコミュニケーションを行う必要があります。多くの場合はメールでの会話になるためなんとかなりますが、時差がある場合メールでは一日一度しかやり取りができないため効率が悪く、会議を設けて一気に解決を図る場合もあります。そうなった場合は英語のヒアリングやスピーキングの対応が求められます。

外資系企業への転職を目指している人は、まずはビジネス英語を学んでみましょう!
ビジネス英語を学ぶなら、月額約3000円で学べるコスパ最高のスタディサプリビジネス英語がおすすめです。無料体験も! スタディサプリビジネス英語はこちら

どうやって対処する? 英語力がなくても乗り切る方法

英語を使う場面で英語力がなくても乗り切る方法

英語力がなくても乗り切る方法
翻訳ツールの活用
②よく使うフレーズのリスト化
③アジェンダを事前に共有してもらう

では、英語を使わざるを得ない場面ではどのように対応したらよいでしょうか?事前の準備を含めて、英語が苦手な人が外資系企業で行うべき英語の対処法をまとめてみました。

翻訳ツールの活用

翻訳ツールを使用して、英語の文章を翻訳したり、日本語を英訳することでテキスト上でのコミュニケーションはなんとかなります。特におすすめの翻訳ツールは「DeepL」。有料版だとWordをそのまま翻訳すると言ったことも可能なので非常に便利です。ただし、文脈やニュアンスの理解には限界があり、完璧な訳は難しいので、自分で細かいニュアンスを判断しながら理解を進める必要があります。

よく使うフレーズのリスト化

あいさつやお礼の言葉、質問や依頼の表現など、基本的なフレーズを覚えておくと、コミュニケーションの初歩的な部分をカバーすることができます。また、一度調べて使用した表現はメモしておいて使いまわせるようにしておくといいでしょう。英語が流ちょうな人が使っていた表現を流用することも効果的です。

アジェンダを事前に共有してもらう

会議のアジェンダを事前に知っておくと知らないとでは、内容の理解度が大きく変わります。万が一英語の会議に参加する場合は、主催者に事前にアジェンダをしっかり聞いておいて、内容を想定しておくといいでしょう。

コミュニケーションを通じた学習

英語を使う場面を積極的に経験することで、英語力を向上させることができます。英語を使用する機会がある場合は、自信を持ってコミュニケーションに参加し、失敗を恐れずに挑戦してみましょう。失敗から学ぶことで成長できます。

これらの方法を活用することで、英語力が不足していても英語を使う場面で乗り切ることができます。ただし、英語力の向上を目指すことも重要です。自己学習や英語学習の機会を積極的に探し、徐々にスキルを高めていくことで、より自信を持って英語を使用することができるでしょう。

日常会話に触れておきたい人は、スタディサプリの日常英会話がおすすめ!月額約2000円でリスニング、スピーキング、単語など全てをカバー。無料体験も! スタディサプリ日常英語はこちら

英語力が必要ない外資系企業の求人を探すには?

外資系企業にも英語力が必要ないポジションはたくさんありますが、それを自分で探すのは大変です。そんな求人を見つけるには、外資系企業に強いエージェントのサポートが必要不可欠です。なかでもtype転職エージェントハイクラスは、多数の外資系・グローバル企業への求人を持っており、選考のサポート実績も豊富です。

↓外資系企業への転職を検討している人は、ぜひ下記の画像をクリックして、無料カウンセリングを受けてみてください。キャリアプランを聞いてもらうだけでも、自分がどうなっていきたいか整理ができます。経験豊富なエージェントにまずは相談してみましょう。


幅広い求人情報が多数掲載
type転職エージェントは、転職希望者に対して多くの求人情報を提供しています。なかでもtype転職エージェントハイクラスは、年収800万円以上の求人を1万件以上と多数掲載しており、年収を上げたい方や大手企業に転職を検討している方には最適です。

カウンセリングから就職までのサポートが充実している
type転職エージェントハイクラスでは、カウンセリングから就職までのサポートが非常に充実しています。外資系企業の選考が初めての人は、職務経歴書の添削から選考対策まで親身にサポートをしてくれます。一人で選考を進めるよりもかなり楽なので、ぜひエージェントを頼ってみてください。

もちろん無料
type転職エージェントのサービスは、転職希望者には無料で利用することができます。転職成功報酬や手数料などは一切かかりません。とはいえ他の転職エージェントサービスも無料なところが多いですが、サポートが充実しているにもかかわらず無料というのは、エージェントが使えるという転職ならではのメリットですね。

type転職エージェントハイクラスには多くのメリットがあります。ぜひ無料カウンセリングでキャリアに対する希望や悩みを聞いてもらい、外資系企業の求人や選考のコツ、そもそも外資系企業が向いているかどうかなどいろいろ相談してみることをおすすめします。

中井パンダ
中井パンダ

僕自身外資系企業に転職した当初は英語はすごく苦手でした。でも特に英語力が求められていない部署だったので入社することもできたし、仕事をこなすこともできました。英語力があったほうがいいのは当然ですが、実際なんとかなります…!

ウォン
ウォン

当然出世や他部署への異動を考えると英語力は必要だと思うけど、最初から転職をあきらめてしまうのはもったいないということだね。英語が苦手な人でも、外資系企業への転職を視野に入れてみよう。

タイトルとURLをコピーしました