ストックオプションとは? RSUとの違いやストックオプションのメリット・デメリットを解説

※当ページの一部リンクにはアフィリエイトが含まれています

ストックオプション 転職

ストックオプションとはどのような報酬制度かご存知でしょうか? 特に外資系企業に勤めている人や興味を抱いている人は、「ストックオプション」という言葉自体は聞いたことがある方も多いかと思います。しかし、ストックオプションが具体的にどういう制度なのか、またRSUとの違いついてくわしく理解できている人は少ないかもしれませんね。

今回の記事では、ストックオプションとは一体何なのか、その仕組みやメリット、デメリットを初心者の方にもわかりやすく解説していきます。さらに、転職やキャリア形成におけるストックオプションの役割についても触れていきます。

中井パンダ
中井パンダ

ストックオプションは普通の報酬制度よりも分散投資の観点では非常にお得な制度。ストックオプションを採用している企業に勤めている人は活用しない手はないです!

ウォン
ウォン

ストックオプションやRSUを採用している企業へ転職するというのも資産を増やすという観点ではありですね。

▼ストックオプション採用企業の多い外資系に強い! おすすめ転職エージェント一覧

サービス名エージェントの特徴使用した感想リンク
type転職エージェント
ハイクラス
国内大手、外資などハイクラス求人多数
・エージェントの親身なサポート
連絡がLINEで楽
サポートが丁寧!
公式サイト
リクルートエージェント業界トップクラスの求人数
・豊富な経験を持ったエージェント多数
多種多様な求人で希望に合わせて多くの
求人を紹介してくれる
公式サイト
リクルート
ダイレクトスカウト
採用実績No.1
・非公開求人21万件以上
外資や大手企業、管理職の求人が多数公式サイト
ビズリーチヘッドハンターからスカウトが届く
・優秀なヘッドハンターが多数在籍
キャリアの健康診断に使える
ヘッドハンターからのスカウトで
自分の市場価値がわかる
公式サイト
この記事を書いた人
コアラ先生

Youtuebチャンネル「コアラ先生の時事ネタ祭り」で、ニュースや社会問題から投資情報の解説動画を配信。登録者は25万人超。個人投資家の一面もあり、自分で体験して得た知識を視聴者にも共有したいという想いから投資情報サイト「コアラボ」を設立。日々投資情報の研究に勤しんでいる。

コアラ先生をフォローする

ストックオプションとは

ストックオプションとは? 言葉の意味を解説

ストックオプションとは、企業が社員に対して株式の購入権を特定の条件下で付与するものです。これにより従業員は、将来的に決められた価格で企業の株式を購入することができるようになります。多くの場合、ストックオプションは従業員の業績や継続勤務年数といった条件を満たした際に、権利を行使することができるようになります。

中井パンダ
中井パンダ

つまり、社員が自社の株式を通常より低い価格で購入できる権利がもらえる報酬制度ということですね!

ウォン
ウォン

このシステムの背景には、社員のモチベーションを向上させ、企業の成長を促進するという目的があります。企業の株価を上昇させることができれば、その恩恵をストックオプションとして受け取ることができるので、社員も頑張ろうと思えるというわけですね

ストックオプションの種類

税制適格ストックオプションと税制非適格ストックオプション

税制適格ストックオプション→売却時に譲渡所得として課税

税制非適格ストックオプション
→権利行使時に給与所得として課税。さらに売却時に譲渡所得として課税

ストックオプションの種類は大きく分けて2つ。税制の優遇措置が適用される「税制適格ストックオプション」と優遇措置が適用されない「税制非適格ストックオプションです。

通常のストックオプション(税制非適格ストックオプション)は、権利行使時にも課税されますが、税制適格ストックオプションでは、権利行使時の経済的利益については課税されません。代わりに、売却時点で権利行使価格に対して売却価格の方が大きい場合、その差額に対して課税がされます。税制適格ストックオプションは、従業員等の資金負担が少なく、ベンチャー企業や中小企業で多く取り入れられています。

譲渡課税=(売却価格-権利行使価格)×株式数×20%
つまり権利行使価格より高い株価の時に売ったら、利益が出た分税金を払う必要があります!

こちらは特定の税制上の条件を満たすオプションで、NSOとは異なる税務上の取り扱いがあります。

従業員株式購入計画 (ESPP)

これは従業員が定期的に給与から一定の金額を積み立て、その積み立てた金額で企業の株式を定期的に購入する制度です。

これらの種類の中で、自分の働く企業や転職先の企業がどのようなストックオプションを提供しているのかを確認することで、そのメリットやリスクをより具体的に理解することができます。

中井パンダ
中井パンダ

ストックオプションがあると働いているだけでも分散投資ができるので、ぜひとも企業に導入してほしい報酬制度ですね。今働いている企業にストックオプションやRSUの制度がないという人は、ぜひ転職活動を通して導入企業を探してみましょう!

ウォン
ウォン

RSUやストックオプションを導入している企業は外資系や最近成長中のベンチャーに多いです。そういった企業への転職はTypeエージェントハイクラスがおすすめ。

ストックオプションのメリット・デメリットは?

ストックオプションは、多くの企業で取り入れられている報酬制度として注目を浴びています。その背景や仕組みには魅力がありますが、全てがメリットばかりではありません。ここで、そのメリットとデメリットを詳細に探ります。

企業側のストックオプションのメリット

ストックオプションの導入は、企業にとって多くの利点をもたらします。以下に、これらのメリットを詳細に探っていきましょう。

社員のモチベーション向上

ストックオプションの最大の魅力の一つは、社員のモチベーションを大きく向上させることができる点にあります。ストックオプションは、その名の通り、「企業の株を特定の条件下で購入するオプション」を従業員に与えるもの。従業員は自らの業績が直接、株価や報酬に反映されると感じることができ、自らの成果が会社の価値向上に直結しているという実感が生まれます。これによって日々の業務への取り組みが一層活発化します!

長期的な社員の定着

ストックオプションを利用することで、企業は従業員の長期的な雇用定着を促進することができます。多くのストックオプション制度には、一定期間勤務しなければオプションを行使できないという条件が設定されています。これにより、中長期的な視点でのキャリア形成や成果を追求する環境が醸成されるため、人材の流出率を抑えることが可能となります。

キャッシュフロー改善

ストックオプションは、現金給与に代わる形での報酬として提供されるため、短期的なキャッシュフローの負担を軽減する効果があります。特に、資金の確保が難しいスタートアップ企業や成長途中のベンチャーにおいては、資金繰りをスムーズにする一助となります。

経営目線での業務実行 

ストックオプションを持つ社員は、自らの報酬が企業の業績に直接影響されるため、経営層の目線での業務実行が期待されます。これにより、部署間の壁を越えた協力や、中長期的なビジョンを持った業務遂行が促進される可能性があります。

株式の希薄化を防ぐ 

ストックオプションの導入により、企業内部のステークホルダーが増えることで、外部からの敵対的な買収のリスクを低減する効果が期待できます。特に、従業員が一定の割合以上の株を保有することで、企業文化の維持やビジョンの実現がより確実になります。

企業側のストックオプションのデメリット

ストックオプション制度は数多くのメリットを持ちますが、一方で考慮すべきデメリットも存在します。以下に、これらのデメリットを詳細に説明していきます。

株価の変動リスク

ストックオプションの報酬が企業の株価に連動しているため、株価が下落すると、社員のモチベーション低下や、実質的な報酬が減少するリスクがあります。特に、外部環境や経済情勢によって、企業の業績とは関係なく株価が下落する場合、従業員の不満が生じる可能性があります。

短期的な業績追求の弊害

ストックオプションの期間や条件によっては、従業員が短期的な業績向上を優先する傾向が強まることが考えられます。このため、中長期的な企業成長を損なう恐れや、不正行為を誘発するリスクも無視できません。

株主との利益相反

従業員と株主との間に利益相反が生じる可能性も考えられます。例えば、従業員の給与増加や、投資の拡大を求める動きと、株主の配当増加を求める動きが対立する場面が考えられます。このような利益相反が顕在化すると、経営上の判断が難しくなる場合があります。

オプション行使による株式の希薄化  

多くの従業員がストックオプションを行使すると、現存する株主の所有比率が希薄化します。これにより、株主価値が低下するリスクや、経営権を巡る問題が生じる可能性があります。

管理の複雑化

ストックオプション制度を適切に運用するためには、細かなルールや管理体制が必要となります。これにより、管理部門の業務が複雑化し、コストが増加する可能性があります。特に、小規模企業や新興企業においては、管理体制の整備に追われ、本来の業務に支障が出るリスクも考えられます。

説明責任の増大

ストックオプションの導入や変更、廃止等の際には、従業員や株主に対して詳細な説明やコミュニケーションが求められます。これにより、経営層の説明責任が増大し、企業としての透明性を保つための努力が必要となります。

NISA・iDecoを始めるなら利用者数No.1のSBI証券がおすすめ!
手数料が他社より安くアプリが圧倒的に使いやすい、投資信託のファンドの取扱数も業界最多。
SBI証券でNISAやiDeco、株式投資を始めたい方はこちらから

ストックオプションとキャリア形成

多くのビジネスパーソンが自らのキャリアを形成する上で、給与や待遇、ポジションの昇進だけでなく、株式報酬やストックオプションの存在も大きな意味を持ち始めています。ストックオプションは、単なる報酬手段で終わらせることなく、自らのキャリアパスや将来設計にどのように影響を及ぼすのかを真剣に考慮する必要があります。

転職時の影響

ストックオプションは、従業員の労働意欲を高めるだけでなく、そのキャリアの方向性や転職を考える際にも大きな影響を持ちます。特に、現在の職場でストックオプションを有している場合、転職を考える過程において何らかの影響が出ることが想像されます。以下に、転職を考慮する際のストックオプションの影響を深掘りしていきます。

行使期間の制約

多くのストックオプション制度には、オプションが行使できる期間や条件が定められています。従業員が企業を退職すると、その後の行使期間や条件が変わることが多く、転職を考える上での大きな要因となり得ます。具体的には、退職後すぐにオプションを行使しなければならない制約がある場合、転職の決断を難しくする可能性が高まります。

未実現の潜在的報酬

ストックオプションの価値は、将来の株価に依存するため、転職時に未だ行使していないオプションがある場合、その潜在的な報酬を放棄することになります。これが高額であればあるほど、新たな職場での報酬や待遇がそれを上回るものでなければ、転職をためらう要因となるでしょう。

新たな職場でのオプション獲得の可能性

転職先での待遇や条件を考慮する際、新たにストックオプションを獲得できるかどうかも重要な要因となります。現在のオプションの条件や価値を基に、新たな職場でのオプション獲得の可能性や条件を評価することで、転職先での報酬や待遇を総合的に判断する材料として活用できます。

ストックオプションとRSUとの違い

RSUとストックオプションは、給与とは別で付与される報酬制度のため混同されることがありますが、実は異なる制度です。

RSUは条件を満たした場合に権利確定時に株が付与される制度です。一方でストックオプションは、購入する権利が付与される制度であるため、購入価格に対して値上がりが発生しないと利益を受けることはできません。もちろんお得な価格で購入できる設定になっていることが多いため、利益を受けられることが大半ではありますが、そのまま株が付与されるRSUの方が従業員にとってはメリットの大きい報酬制度と言えます。

NISAや投資信託でオルカンやS&P500に投資をするなら人気No.1のSBI証券がおすすめ!
手数料が他社より安くアプリが圧倒的に使いやすい、投資信託のファンドの取扱数も業界最多。
SBI証券でNISAやiDeco、株式投資を始めたい方はこちらから

まとめ

私たちがキャリアを築く上で報酬や待遇は、働く意欲やモチベーションを左右する大切な要素となります。特に、ストックオプションは近年多くの企業や従業員に注目されている報酬形態です。

今回の記事で紹介した、ストックオプションの基本的な仕組みやメリット・デメリット、さらにはキャリア形成に与える影響や他の報酬形態との違いについて、理解を深めて今後のキャリア形成に活かしてもらえると嬉しいです。

中井パンダ
中井パンダ

RSUの方がメリットは大きいものの、ストックオプションも導入されていると嬉しい制度です。RSUやストックオプションは働いているだけで分散投資ができるようなもの。ぜひ転職を検討したい方は、制度が導入されている企業を探してみてください!

ウォン
ウォン

特に外資系はRSUやストックオプションを導入している企業が多いです。また、最近では日本のベンチャー企業でも導入企業は増えています。まずはエージェントに相談して、RSUやストックオプションを導入している企業の情報をリサーチしてみましょう!

▼おすすめ転職エージェント一覧

サービス名エージェントの特徴使用した感想リンク
type転職エージェント
ハイクラス
国内大手、外資などハイクラス求人多数
・エージェントの親身なサポート
連絡がLINEで楽
サポートが丁寧!
公式サイト
リクルートエージェント業界トップクラスの求人数
・豊富な経験を持ったエージェント多数
多種多様な求人で希望に合わせて多くの
求人を紹介してくれる
公式サイト
リクルート
ダイレクトスカウト
採用実績No.1
・非公開求人21万件以上
外資や大手企業、管理職の求人が多数公式サイト
ビズリーチヘッドハンターからスカウトが届く
・優秀なヘッドハンターが多数在籍
キャリアの健康診断に使える
ヘッドハンターからのスカウトで
自分の市場価値がわかる
公式サイト
タイトルとURLをコピーしました